子供にメガネが必要となるのはいつから?選び方も解説

目次

子供の様子を見ていて「もしかしたら目が悪いのかも…」と感じたことがありませんか?
もちろんそんなときは、すぐに眼科を受診して必要な対処をする必要があります。
選択肢としては、まず「子供用のメガネ」が思い浮かぶのではないでしょうか。

しかし、子供のメガネ選びには、大人とは違う様々な注意点があります。
そこで今回は、子供のメガネについて、選び方や注意点を詳しく説明いたします。

子供にメガネが必要かの判断基準は?

子供にメガネが必要かの判断基準は?

子供にメガネが必要かどうかは、どうやって判断すればいいのでしょうか。

まず、学校や病院の視力検査で「視力矯正が必要」と言われたときは、当然速やかに対処する必要があります。
ここではその他に、日常生活で子供の様子からわかる視力低下のサインをご紹介します。

遠くを見る時に目を細めている

モノを見るときに目を細める仕草は、視力が低下しているサインの一つ。
例えば、遠くにある黒板や、看板の字を読もうとする時などに、子供が目を細めていることに気づくかもしれません。
これは、目の内部でピントを調節している「毛様体筋」という筋肉の働きが弱く、周辺の筋肉ごと動かさないとピントが合わなくなっているためです。

なんとなくおかしいと思ったら、子供に直接尋ねてみるのも良い方法です。
「近くは見えるけど、遠くはぼやけたりしない?」と聞き、「遠くがぼやける」など、近視の特徴である症状を訴えるようであれば、眼科に連れて行ってあげましょう。
視力検査と診察を受けた後、場合によってはメガネを作ることになるかもしれません。

テレビやスマホへの距離が近い

テレビやスマホを見るときの距離が近いのも、子供の近視のサインです。

・身を乗り出したり、近すぎる場所でテレビを見たりしている
・スマホにやたらと目を近づけてゲームをしている
こういった様子が見られたら、眼科に相談してみましょう。

物を近くで見過ぎるのは、すでに視力が低下しているサインであると同時に、視力が低下していく原因にもなります。
単なるクセで画面に目を近づけてしまっている場合は、なるべく早くクセを治せるようにしましょう。

学校の視力検査の結果をチェック

学校などで行われる定期的な視力検査は、視力の低下に気づく一番の機会です。
もし異常があれば専門医で診察を受け、「メガネの必要の有無」についても相談します。そこで「メガネが必要」ということになれば、処方箋を書いてもらう必要があります。

視力が落ちたからといって、必ずしもすぐメガネが必要となるわけではありません。
たとえば「仮性近視」であれば、場合によってメガネは不要となります。そういうケースでは、治療方法やトレーニング方法についての説明がなされます。

現在、学校などの視力検査の結果は、具体的な数値は記載されず、A~D判定で表されます。
視力検査の結果の見かたと、対応数値は以下の通り。

・A判定:1.0以上(正常。眼科受診の必要はなし)
・B判定:0.9~0.7(学校生活にはほとんど支障はない)
・C判定:0.6~0,3(教室での授業に多少の影響が見られるため。何らかの対策が必要)
・D判定:0.3以下(教室の最前列でも文字が見にくい。早急な対策が必要)

ただし、A判定だからといって絶対に問題がないというわけではありません。視力自体はよくても、遠視や乱視が入っている可能性もあります。
視力検査の結果だけを鵜呑みにせず、日常的に様子を見て目が悪くなっていないかどうか判断していく必要もあるのです。

早いうちからメガネをかけると視力が悪くなるってほんと?

早いうちからメガネをかけると視力が悪くなるってほんと?

「早いうちからメガネをかけると、余計に目が悪くなる」という話を聞くことがあります。

確かに、成長途中の子供の目は、老化していく一方の大人の目とは違います。一度視力検査で悪い結果が出ても、成長とともに目の筋肉が強くなり、目が良くなるということもあるのです。
そういった場合に、メガネをかけていると目の筋肉を鍛える機会が失われて、治るものも治らないという面はあるでしょう。

しかし、視力が悪いのに、必要な対処をしなかった場合の悪影響の方が甚大です。
目が悪いのに無理に生活し続けると、毛様体筋に負担をかけすぎて周りの筋肉が伸びきってしまい、さらに弱視が加速してしまうのです。

専門医の判断で、必要な分だけ矯正していれば、メガネのせいで目が悪くなることはありません。
子供は視力が変わりやすいので、こまめに視力検査をし、適切な度数のメガネを使うようにしましょう。

子供用メガネ選びのポイント

子供用メガネ選びのポイント

では、眼科医でメガネの着用をすすめられたら、どのように選べばよいのでしょうか。
子供のメガネは、将来の視力を左右するものでもあるので慎重に選ぶ必要があります。

子供のメガネ選びのチェックポイントを、詳しく見ていきましょう。

顔とのフィット感

メガネは、レンズの度数だけではなく顔とのフィット感も大切です。
サイズが合ったものを選ぶことはもちろん、動き回っても簡単に外れないデザインのものを選びましょう。
メガネのサイズは、フレームの横幅と顔の横幅が同じものを選ぶのがベストです。

耳掛けのデザイン

外遊びや体育の授業でアクティブに動く子供には、動いても外れにくいメガネを選ぶ必要があります。
そのため、耳掛けの部分は、カーブが深く、耳にしっかり引っかかるタイプがおすすめ。

こういったメガネは、普通のメガネのように前に引っ張っても簡単には外れません。耳に引っ掛けるように装着し、外すときも耳掛けを持って外す必要があります。
転んだり、お辞儀したりした時にも外れることがないので安心ですね。

鼻パッド

メガネの鼻パッドは、2つに分かれているのが一般的です。
しかし子供のメガネには、「ツインパッド」と呼ばれる両方の鼻パッドが一体化したものがおすすめ。ツインパッドは幼児の低い鼻にもフィットしやすく、ズレにくく作られています。

小学生以上のお子様は、必ずしもツインパッドでなくても問題ありません。
しかし子供の鼻柱は未発達なので、よくフィットして調節のしやすいタイプを選びましょう。

ツルのデザイン

ツルの部分は肌触りがよく、耐久性が高いものが良いでしょう。
接合部分が壊れてしまったり、万が一ツルが折れてしまったりすると、お子様の怪我の原因にもなります。

また、子供は成長によって頭の大きさが変わりやすいので、細やかに調整可能できるフレームを選ぶのがおすすめです。

レンズの耐久性・性能

レンズの耐久性についても考えなければなりません。
子供はメガネを落としたりして、レンズに傷をつける可能性が高いです。メガネを丁寧に扱うという意識が大人ほどしっかりしていないので、レンズ面を下にして置いてしまうことも。
耐久性の低いレンズだと、すぐ傷がついたり、割れてしまったりで、修理代がかさんでしまいます。

そのため、子供のメガネには耐久性が非常に高く、傷がつきにくいレンズを選ぶのがおすすめです。
軽く割れにくいプラスチック製で、傷防止加工などがされている物を選ぶと良いでしょう。

また、プラスアルファの機能として、UVカット加工がされたレンズがおすすめ。
子供は体育の授業や部活、外遊びなどで、紫外線に晒される機会がとても多いです。紫外線は眼病や視力低下の原因になりますから、メガネのレンズでしっかり紫外線をシャットアウトしましょう。
他に、子供のメガネレンズにおすすめの機能は、蛍光灯などの反射が気にならない「反射防止加工」、PCのブルーライトから目を守る「ブルーライトカット加工」などです。

フレームは壊れにくくて軽い素材か

子供は活動量が多く、絶えず動き回ります。そのため、メガネのフレームも常に動き回っている子供に合ったフレーム素材を選ぶことが大切です。
子供向けのフレームとしておすすめなのは、チタン素材。弾力性があり、万が一壊れた際にも直しやすいのでとても便利です。
また、チタン素材はとても軽いので、長時間着用していてもストレスになりません。
子供が毎日かけるなら、丈夫さと同時に軽さにも注目してフレームを選びましょう。

スポーツをするお子さまにはスポーツメガネを

子供はよく動き回るものですが、スポーツをする子供の場合は、さらに激しい動きに耐えられるメガネが必要です。
競技や練習中にかけることを前提とした、スポーツメガネについて解説していきます。

スポーツメガネのメリット

スポーツ用のメガネは、まずズレにくいのがポイント。
スイミングゴーグルのように頭の後ろに回して装着するタイプが多く、激しく動いたり転んだりしても外れることがありません。

また、スポーツメガネはフレームがゴムなど柔らかな素材で作られているので、安全性も高いです。
サッカーやバスケットボールなど、身体がぶつかり合うことが多いスポーツで使用しても破損しにくく、相手に怪我をさせる心配もありません。
このほか、スポーツの種類に合わせ、防水加工・防塵加工をしているなど、特殊な機能が搭載されている商品もあります。

スポーツメガネの選び方

スポーツメガネは、まずフィット感が最重要。何種類か試着をして、目の周りや鼻にきちんと沿い、浮いたり食い込んだりしないものを選びましょう。
後ろのバンド部分は、調節できる商品が多いです。

また、競技に合わせて必要な機能を選ぶのも大事。
例えば、
・サッカー・野球など屋外スポーツ:防塵加工
・卓球・バレーボールなど屋内スポーツ:反射防止加工
・バスケットボール・ラグビーなど人とぶつかり合うスポーツ:素材の柔軟性
など。

屋外スポーツに使用する場合、UVカット機能はとても重要です。
日焼け防止だけではなく、眼病や視力低下の予防にもなるので、必ず高いUVカット効果のあるレンズを選びましょう。

子供用メガネは保証があると安心

子供用メガネは保証があると安心

メガネの田中では、子供用メガネをご購入いただいた方に、安心の保証をご用意しています。
キッズ向け保証は、中学生までが対象です。

子供の視力は変わりやすいため、短期間でレンズ交換が必要になる場合があります。動き回るうちに壊してしまうケースも多いので、保証があるととても安心ですよ。

キッズ見え方保証

・新しいレンズの見え具合に慣れない
・12ヶ月以内に度数が進んで見えにくくなった

このどちらかに当てはまった場合、無料で度数交換(1回限り)

キッズ品質保証

12ヶ月以内に商品の基本的な品質に問題が生じた場合は、無料で修理対応または部品交換

※部品が入手できない場合、同等商品との交換になる場合あり

キッズフレーム破損保証

フレームを破損した場合、3ヶ月以内は無料で交換、4ヶ月目以降12ヶ月以内は同等品を半額にて提供

※いずれも1回限り
※紛失・盗難・通常使用でのキズ・故意の破損は保証対象外
※レンズの交換は含まれていません

まとめ

まとめ

子供にメガネをかけさせると、不便なことも出てくるかもしれません。
しかし、視力が悪化しているのに、我慢して目に負担をかけ続けていると、さらに視力低下が加速してしまうことも。

メガネの田中では、お子様のライフスタイルに合わせて作られた子供用のメガネを多数取り揃えています。
親子で楽しくお気に入りのメガネを選んで、快適な視界を確保してあげてくださいね。
子供用メガネの選び方について、もっと詳しく知りたい方は、「メガネの田中|子供用メガネ選びのポイント」もチェックしてみてください。

関連記事

PAGETOP