黒縁メガネは実は誰でも似合う!おすすめフレームは?

目次

最近、すっかりおしゃれアイテムとして定着した黒縁メガネ。しかし、自分がかけるのはちょっとハードルが高い…と感じている方も少なくありません。

そこで今回は、メガネの田中のスタッフが黒縁メガネのおしゃれ効果や、自分に似合う黒縁メガネの選び方についてご紹介します。
メガネを新調したいと思っている方、次のメガネは黒縁にしてみませんか?

実は誰でも似合う黒縁メガネ

おしゃれなイメージの強い黒縁メガネ。でも、実はかける人を選ばないメガネなのです。
意外と誰にでも似合ってしまう黒縁メガネには、どんな秘密があるのでしょうか。

引き締め効果で小顔に見せられる

同じ大きさのものでも、色が濃いほど目の錯覚で小さく見えるというのはご存知でしょうか。
そのため、黒は最高の「引き締め色」。引き締め効果がある黒縁メガネは、顔の大きさをきゅっと引き締め、実際より小顔に見せてくれます。

顔の大きさで悩んでいる方に、黒縁メガネは特におすすめです。

シミやシワをごまかす効果がある

黒はインパクトのある色なので、細いフレームでも人の視線を引きつけて、顔のシミやシワを目立たせない効果があります。

また、黒は日本人の白髪にも似合う色です。
黒縁メガネとのコントラストが白髪を引き立て、若々しくおしゃれに見せてくれますよ。

つまり、黒縁メガネにはアンチエイジング・若見え効果があると言えます。

ファッションやシチュエーションを選ばない

黒縁メガネは着る服を選びません。黒は無彩色なので、どんな色と合わせてもごちゃつくことがないのです。

また、黒はカジュアルからフォーマルまで、どんな場面でも違和感のない色です。
もちろん、あまりにも個性的な形のフレームだと、黒であってもビジネスシーンやかしこまった場に不似合いなケースはあります。
そのためフレームの形選びに工夫は必要ですが、他のカラーのフレームよりも活躍する場が幅広いのは確かでしょう。

素材が豊富

黒縁メガネとして一般的なのはセルフレーム(プラスチック)ですが、それだけではありません。
ベーシックな色だけに、べっ甲、チタンなどのメタルフレームでも黒色のフレームは豊富です。多彩なバリエーションから選ぶことができます。

【顔型・髪色別】自分に似合う黒縁メガネの選び方

【顔型・髪色別】自分に似合う黒縁メガネの選び方

誰でも似合う黒縁メガネですが、その中でもさらに似合うものとそうでないものがあります。
自分にぴったりの黒縁メガネを選ぶコツをご紹介いたします。

顔の輪郭に合わせて選ぶ

自分に似合うオンリーワンの黒縁メガネを探すためには、どんな点に注意して選べばよいのでしょうか。

自分にぴったりなフレームを選ぶには、まず顔の輪郭を考えて選ぶことが大切です。
顔の形ごとに、おすすめのフレームをご紹介します。

三角顔

三角の顔型は、シャープでスッキリした印象。
反面、冷たく見えてしまう場合もあるので、メガネのフレームで顔の印象を優しく柔らかくしてくれる曲線を取り入れるのがおすすめです。
優しい印象のラウンド型やオーバル型、ボストン型の黒縁メガネがおすすめです。

面長

面長な方は、大人っぽい印象の顔立ちです。
老けて見えがちなのが気になる方は、顔の縦幅が目立たないよう天地幅(上下幅)が深いフレームを選びましょう。おすすめはウェリントン型です。

逆に、横幅が長いオーバル型やスクエア型は顔の長さを強調してしまうので、ハードルが少し高くなります。

丸顔

丸顔の方は、優しく可愛らしい印象の反面、幼く見えたり、実際より太って見えたりするのが悩みという方も。
顔の丸さを目立たせないため、メガネのフレームで直線のラインを取り入れるのがおすすめです。
丸顔の方には、スクエア型やウェリントン型の黒縁メガネが似合います。

一方で、丸系のオーバルやラウンド、ボストンは避けたほうが良いかもしれません。

四角顔

四角い顔型の方は、しっかりした凛々しい顔立ちである反面、堅い印象を与えてしまうことも。

角ばった印象を和らげるため、曲線的なフレームのメガネがおすすめです。
ラウンド型やオーバル型、ボストン型など丸系のフレームを選びましょう。

卵型

卵型の輪郭の方は、顔型のバランスがいいので基本的にどんな形のフレームでもよく似合います。

少し個性的なメガネでも似合うので、遊び心のある流行りのフォルムを取り入れるとよりおしゃれに見えますよ。

髪・肌・目の色に合わせて選ぶ

自分に似合う黒縁メガネを選ぶ際には、髪や肌、目の色も考えてみるのがおすすめです。基本的には、顔の中のどこかにある黒に合わせるとしっくりきます。

カラーリングした明るい色の髪であれば、茶色寄りの黒や瞳の色に近い黒色を選べば違和感がありません。
また、肌が白いならあえて真っ黒なフレームを選ぶのも素敵です。

明るい場所で何度も試着して、自分に似合う黒を探していただければと思います。

【シーン別】雰囲気に合わせた黒縁メガネの選び方

【シーン別】雰囲気に合わせた黒縁メガネの選び方

黒縁メガネは汎用性の高い色だからこそ、フレームの形選びが重要です。
日常のシーンごとに、おすすめのフレームタイプをご紹介していきます。

ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、あまり主張の強すぎるフレームや、トレンドに左右される形のフレームは避けたほうがいいでしょう。

普遍的な形で主張も少ない、スクエア・オーバル・ハーフリム等がおすすめです。
リムやテンプルはなるべく細身なものを選ぶと、よりフォーマルな場にも似合います。

カジュアルシーン

カジュアルな服に合わせるなら、トレンド重視で顔をおしゃれに引き立ててくれるフレームがおすすめ。
ラウンド・ウェリントン・ボストンタイプの黒縁メガネは、目が悪くない方もファッションアイテムとして使うことが多い人気の形です。

フレームの太さは、より太いほうがカジュアルでインパクトのある印象です。
セルとメタルのコンビフレームも、おしゃれで人気がありますよ。

お出かけシーン

お出かけシーンでは、TPOに合わせてフレームを選ぶ必要があります。
例えば、結婚式や入学式・卒業式などフォーマルな場では、ビジネスシーンでご紹介したのと同じくスクエア・オーバル・ハーフリムなどの主張の少ないフレームが適しています。

カジュアルなパーティーやデートなどのお出かけには、トレンド感を取り入れたラウンド・ウェリントン・ボストンなどおしゃれなフレームがおすすめ。
人に顔を覚えてもらいたい場なら、インパクトのあるフォックスタイプや太いフレームの黒縁メガネをトレードマークにするのも一つの方法です。

黒縁メガネの人気フォルム

黒縁メガネの人気フォルム

黒縁メガネはフレームの形も何でもOK。黒縁メガネの中でも人気のある3つのフォルムについてご紹介します。

おしゃれなウェリントン

ウェリントン型は天地幅(上下幅)が広く、丸みのある四角形のような形フレーム。「逆台形型」と形容されることもあります。
四角いスクエア型に比べると、遊び心を演出することができます。

また、女性からは「大きめのフレームが顔を小さく見せてくれる」「おしゃれでありつつ、きちんとした雰囲気もある」として人気です。

丸に近いボストン

ボストン型は下がやや少し細くなっている丸いフォルムのフレームで、「逆三角形」と形容されることもあります。

しかし、下はとがっておらず、あくまで「丸メガネ」の一種に分類されます。「ウェリントン」と同じく、クラシックタイプのメガネとして数年前から人気が出てきています。

丸い印象で柔らかい印象を与えるレンズフォルムは、ファッションに敏感な人など、男女問わず人気が高いデザインです。顔の印象を柔らかく見せてくれるので、優しい雰囲気を演出したい方におすすめです。

きちんと感のあるスクエア

スクエア型はその名の通り、四角い形のフレームです。男女とも「きちんとした」印象を与えたい方におすすめです。特にビジネスシーンに向いていると言えるフレームです。

まとめ

まとめ

一言に「黒縁メガネ」と言っても、いろいろな種類があり、それぞれの印象は全く違います。
黒縁メガネはインパクトがあるイメージですが、実際にかけてみると意外と誰にでも似合いますよ。
ぜひたくさんのフレームを試着して、ご自分にぴったりの1本を見つけてみてください。

メガネの田中では、今回ご紹介した以外にも様々なアドバイスを行なって、メガネ選びのお手伝いをしています。
ぜひ、「メガネの田中独自のメガネ選びをご紹介」もチェックしてみてくださいね。

関連記事

PAGETOP