メタルフレームの人気が復活!おすすめの形とは?

目次

メガネはフレームが同じ形であっても、フレームの素材によって大きく印象が変わります。
メガネのフレームとしてポピュラーな素材には「金属」と「プラスチック」があります。
今回は、メガネの田中スタッフが金属を使った「メタルフレーム」についてご紹介。

クラシックで知的な雰囲気を演出できるメタルフレームには、メリットがいっぱい。
プラスチックのセルフレームに比べると、まだまだ知られていないメタルフレームの良さに、ぜひ気づいていただければと思います。

人気復活のメタルフレームメガネ

人気復活のメタルフレームメガネ

タルフレームというのは、その名の通り金属でできたフレームのこと。
フレームの素材としてはチタン・ニッケル合金・NT合金・金・プラチナ…など様々な種類の金属が使われますが、その全ての総称としてメタルフレームと呼びます。

さて、メタルフレームというと、なんとなく「昔っぽい」という印象を抱く人も多いのではないでしょうか。
1980年ごろから、メガネのフレームはずっとセルフレームが人気かつ主流でした。
最後に流行となったメタル系のフレームは、1970年代の「オート型ブリッジ」が代表的です。

しかし、最近はメタルフレームのレトロでクラシックな雰囲気が新鮮と捉えられ、人気が復活してきています。
周りとは一味違うおしゃれなメガネが欲しい方には、メタルフレームがおすすめですよ。

メタルフレームメガネのメリット

メタルフレームメガネのメリット

それでは、メタルフレームのメガネは他の素材のフレームと比べてどんなところが優れているのでしょうか。
メタルフレームのメガネには、かけ心地と見た目の良さという2つのメリットがあります。

フィットしやすく、軽量で付け心地が良い

金属は硬い、というイメージがありますが、フレームに使われる金属には意外と柔軟性があり、曲げたり加工することが容易です。
一方、セルフレームに使われるプラスチックは柔軟性がないので、強い力で曲げるとぽきっと折れてしまう可能性があります。
そのため、顔の形に合わせてしなやかに曲がり、かけた時に顔にぴったりフィットするのがメタルフレームのメリットと言えるでしょう。

また、金属は同じ量のプラスチックに比べると重いですが、強い素材なのでフレームを細くすることが可能。
セルフレームの場合、強度を出すにはある程度太さが必要なので、どうしても重くなってしまいます。
リムやテンプルが細く、軽量なこともメタルフレームの良いところです。

長時間メガネをかける方にとっては、軽量でフィットしやすいメタルフレームのメリットは大きいでしょう。

シンプルで飽きにくいデザイン

メタルフレームはシンプルなデザインのものが多く、流行に左右されることがないフレームです。
シンプルで飽きがこないので、長く使い続けられるでしょう。
フレームの主張が強すぎないため、着用する場面や合わせる服装を選ばないこともメタルフレームのメリットです。

対してセルフレームは、加工や着色がしやすいため、様々な色やデザインの商品があります。
選ぶのは楽しいですが、着用する場所や合わせる服が限られることは知っておきましょう。

メタルフレームの知っておきたいポイント

メタルフレームの知っておきたいポイント

メタルフレームには、メリットがある反面デメリットも。
メタルフレームのメガネを購入するにあたって、知っておくべきポイントを解説していきます。

セルフレームよりも高価になりがち

セルフレームに比べて、メタルフレームはどうしても価格が高くなりがちです。
なぜなら、金属は素材自体の価格がプラスチックよりも高いため。
さらに、セルフレームの作成は5〜6工程でできるのに比べ、メタルフレームを作るのには多い場合で200工程もかかる場合があります。
加工費も、メタルフレームの価格が上がる要因となっているのです。

もちろん、メーカーごとに価格設定は様々なので、一概に「メタルフレームは高い」と言い切ることはできません。
また当然、セルフレームでも高価な商品はありますし、べっ甲など希少な素材はメタルフレームよりさらに高いです。
しかし、総合的に平均を見ると、メタルフレームは値段が高くなりがちなことは知っておきましょう。

デザインの幅広さはセルフレームが上

メタルフレームはシンプルですが、裏を返せば、デザインのバリエーションが少ないとも言えます。
カラーバリエーションも限られてくるので、メガネにデザイン性を求めるのであればセルフレームを選んだほうが良いかもしれません。

ただし、先にも触れましたがメタルフレームは細くすることができるので、シャープなデザインは得意。
知的な雰囲気を醸し出したい方や、フレームの主張が強くないメガネをお探しの方には、やはりメタルフレームがおすすめです。

金属アレルギーの反応が出る場合がある

メタルフレームは金属なので、金属アレルギーの人はアレルギー症状が出てしまう可能性があります。
チタンなど、アレルギーが出にくい素材もありますが、全ての人に100%アレルギーが出ないとは言い切れません。
また、複数の金属が使われている合金は、さらに危険性が高まります。
もし不安がある場合は、パッチテストなどで確認してから購入するのがおすすめです。
万が一購入後にアレルギーが出た場合は、購入店にご相談ください。

メタルフレームにおすすめのフレーム

メタルフレームのメガネはシンプルなだけに、フレームの形がとても大事です。
メタルフレームで人気の形「ウェリントン」「ボストン」「ラウンド」の3種類についてご紹介いたします。

カジュアルなウェリントン型

ウェリントン型とは、「逆台形」とも言われる、上から下にかけてやや細くなっている四角いメガネです。
顔の形を選ばず誰にでも似合い、きちんとした印象を与えてくれるので、定番中の定番として人気があります。ビジネスシーンにもおすすめのメガネです。
特にメタルフレームのウェリントンなら、より知的で真面目な印象を醸し出せますよ。

顔の形を選ばないウェリントン型ですが、四角形のフレームなので、面長の人や丸顔の人に良く似合います。
ウェリントン型は特に天地幅(上下幅)がしっかりあるので、面長の人におすすめ。顔の長さをカバーし、優しい印象を演出します。

柔らかい印象のボストン型

ボストン型はウェリントンをさらに丸くした形で、丸でも四角でもないニュートラルな形が穏やかで上品な雰囲気を演出します。

ボストン型のメタルフレームには落ち着いた印象があるので、柔らかい色のファッションともよく合います。アースカラーなどの自然の色や、クラシックなファッションとは相性抜群です。

特にボストンが似合うのは、逆三角形や四角顔の人です。シャープなあごやエラをカバーしてくれますし、きつい印象も和らげてくれます。

個性的なラウンド型

ラウンド型とは真ん丸な形のフレームのことです。

ラウンド型は個性的な印象を与えられますが、細いメタルフレームなら、個性的というよりは今風のおしゃれな印象になります。
また、「職人」系の仕事をしているなら、プロフェッショナルな雰囲気を演出することができますよ。

ラウンド型のメタルフレームが一番似合う顔型は、輪郭が四角形の人。似合うファッションはナチュラル系がおすすめです。
この他、クラシックなファッションに合わせても新鮮です。

まとめ

まとめ

メタルフレームの特徴や魅力について、ご紹介いたしました。
これまでセルフレームのメガネをずっと使ってきた方は、次にメガネを購入する際は、ぜひメタルフレームも選択肢に入れてみてください。
イメージもがらりと変わり、意外な軽さやかけ心地の良さに驚かれるかもしれませんよ。

メガネの田中では、人気のメタルフレームのメガネを多数取り揃えています。
スタッフの専門知識を活かし、自分に似合う1本を選ぶためのお手伝いもしておりますので、ぜひ一度お近くのメガネの田中にお来しください。

関連記事

PAGETOP