サーモントメガネとは?似合う人の特徴・選び方解説

メガネ愛用者の方であっても、「サーモント」というメガネについては聞き慣れないかもしれません。
実は、サーモントとはあるメガネフレームの形のことで、ちょっと変わった由来を持っているメガネなのです。

ここでは、サーモントの歴史や特徴、選び方などをご紹介いたします。サーモントの魅力を知ると、自分のメガネコレクションに加えたくなるかもしれません。

目次

サーモントメガネとは?

サーモントメガネとは?

そもそも、「サーモント」とはいったいどんなメガネなのでしょうか。

まずは、サーモントメガネの名前の由来や特徴をご紹介します。

眉毛のようなフレームが特徴

サーモントの最大の特徴は、眉毛のように上部分が太くなったフレームです。
なぜこのようなデザインになっているかというと、サーモントはもともと眉毛の薄い男性のために作られたメガネだったため。

上部の眉毛のような部分は、黒やブラウンのセル素材となっていることが多いです。
上部分のフレーム以外は、基本的にシルバーの細いフレームとなっています。
全体的に角ばったデザインで、威厳のある雰囲気を醸し出していることもサーモントの特徴です。

由来は人の名前から

実は、「サーモント」とは、人の名前から来ています。
1950年代のこと、アメリカ軍のモント氏という男性が、眉毛が薄くて威厳がないことに悩んでいました。
そこで、軍のお抱えだったメガネメーカー「American Optical(アメリカンオプティカル)」がそのことを聞き、モント氏に似合う威厳のあるメガネを作ることになったのです。

そのため完成したメガネは、モント氏に敬意を込め「”Sir Mont”(サー・モント モント将校)」と名付けられました。

人気急上昇中!サーモントメガネの印象

人気急上昇中!サーモントメガネの印象

1950年代に考案されたサーモントですが、近年おしゃれな男女の間で人気が高まっています。
それはなぜなのか、サーモントメガネが与える印象から知っていきましょう。

知的で誠実なイメージになれる

もともと軍人が威厳を出すためにデザインされたサーモントは、知的で誠実なイメージ。
直線的で太めなリムが、凛々しさや真面目さを連想させます。

女性の場合、メイクで眉毛をまっすぐ濃いめに描くと、しっかり者で頼れる印象を与えることができますよね。
眉毛を模したサーモントメガネも、それと同じ効果でキリッとした顔立ちに見えるのです。

レトロでおしゃれ

1950年代に生まれたサーモントメガネは、レトロでおしゃれな印象。
フォルムだけを見ると男性的なイメージが強いですが、実は女性にもよく似合います。

古着系のファッションや、ボーイッシュなファッションが好みの方にぴったりのメガネです。

サーモントメガネが似合う人の特徴

サーモントメガネが似合う人の特徴

それでは、サーモントメガネが似合う人の特徴を挙げていきます。

サーモントメガネはデザイン性が高いので、かけるだけで一気におしゃれな顔立ちになれますよ。

メガネをファッションに取り入れたい人

サーモントメガネは、上部のリムが印象的でカジュアルなデザインです。
かけると顔立ちの印象が変わるので、ファッションアイテムとしてメガネを取り入れたい人にぴったり。

目が悪くなくても、着こなしの一部としてサーモントの伊達メガネを取り入れる人も多い人気アイテムです。

スッキリした顔立ちの人

サーモントメガネは、どちらかというと濃い顔立ちより、薄めのスッキリした顔立ちの方に似合います。
なぜかというと、サーモンとメガネは基本的にセルとメタルのコンビフレームで、デザイン性の高いメガネのため。
スッキリした顔立ちの方がサーモントメガネをかけると、一気に顔が華やいで印象的になります。

逆にハッキリした顔立ちの方がサーモントメガネをかけるなら、セルとメタルの色や質感が近く、コントラストが強すぎないデザインがおすすめです。顔の主張が強くなりすぎず、ほどよくおしゃれ感を出すことができます。

眉毛が薄い人

先にも触れましたが、サーモントはもともと眉毛が薄い人のために生まれたメガネです。
そのため、眉毛がもともと薄い方や、年齢を重ねて眉毛が薄くなった方にもうってつけ。
サーモントのリムで眉毛の薄さを補うと、顔立ちがハッキリして若々しく見えます。

眉毛の薄さがコンプレックスの方は、ぜひ一度サーモントメガネを試着してみてください。

目力をアップさせたい人

一重まぶたの方など、目力をもっとアップさせたい方にもサーモントはおすすめです。
フレームの上部分が太いので、目元の印象を強調してくれます。

似合うサーモントメガネの選び方

似合うサーモントメガネの選び方

サーモントメガネには、様々な大きさ・太さ・レンズの形の商品があります。
やみくもに試着する前に、自分に似合うサーモントメガネを選ぶための方法を知っておきましょう。

眉毛とリムを合わせる

サーモントメガネは、身につけて正面から見たとき、ブローラインと自分の眉がちょうど重なるようにかけます。
眉がブローラインより上にあるのが絶対にいけないというわけではありませんが、どこか間延びして間が抜けた印象になってしまいます。
ですから、テンプルの高さとブローラインの太さの関係が、ちょうど自分の眉と重なるデザインのものを選びましょう。

天地幅と顔の形のバランスをとる

天地幅とは、メガネの上下の太さのこと。
天地幅の目安は、自分の眉から顎までを3分割し、上部1/3に収まる幅と言われています。

これを一つの基準として、面長で老けて見えがちな方は幅が広め、丸顔で幼く見えがちな方は幅が狭めのメガネを選ぶのがおすすめです。

違和感のないブローラインの太さ

サーモントのブローラインは、メガネ全体の印象を決める大きな要素。
太すぎるとインパクトが強すぎますし、細すぎると無個性でサーモントらしさが失われてしまいます。
まずはブローラインの太さが違うメガネをいくつか試着してみて、自分にとって違和感のない太さを選ぶといいでしょう。

フレームカラーはどう選ぶ?

サーモントメガネのブローラインは、黒色のものが多いです。
黒はどんな服にも合わせやすいですし、シーンも選ばないので汎用性が高いです。

しかし、髪を明るく染めている方などは、茶系やべっこうなどのブローラインの方がしっくりくることも。
着用シーンや服との相性も考えつつ、柔軟に自分に似合うフレームカラーを選びましょう。

レンズの色

サーモントはレンズの色でも印象が大きく左右されます。
透明が一般的ですが、サングラスとして使う場合は少し色の入ったレンズを選ぶのも良いかもしれません。青系ならクールに見えますし、赤系の入ったレンズにすれば肌がきれいに見えます。

たくさん試着をして、自分のなりたい印象や顔立ちとのバランス、視界の良しあしを比べて選びます。

まとめ

まとめ

サーモントは特徴のあるメガネですが、それだけに自分にぴったり似合うものが見つかると、ぐっと見た目の印象をアップさせてくれます。

ここでご紹介したように、今ではさまざまなバリエーションが登場しています。
ぜひ店舗で試着を繰り返し、お気に入りのサーモントを見つけていただければと思います。

メガネの田中では、独自のサービスで一人ひとりに似合うメガネを見つけるお手伝いもしています。「メガネの田中独自のメガネ選びをご紹介」もぜひご覧ください。

関連記事

PAGETOP