黒縁メガネは誰でも似合う?【黒縁メガネの種類・素材を解説】

目次

最近、すっかりおしゃれアイテムとして定着した黒縁メガネ。しかし、自分がかけるのはちょっとハードルが高い…と感じている方も少なくありません。

そこで、今回は黒縁メガネのおしゃれ効果や、自分に似合う黒縁メガネの選び方についてご紹介します。メガネを新調したいと思っている方、次のメガネは黒縁にしてみませんか?

実は誰でも似合う!黒縁メガネの秘密

おしゃれなイメージの強い黒縁メガネ。でも、実はかける人を選ばないメガネなのです。
意外と誰にでも似合ってしまう黒縁メガネには、どんな秘密があるのでしょうか。

引き締め効果のある黒で小顔に見せられる

黒は「引き締め色」。黒縁メガネは、それだけで引き締めアイテムとして大活躍してくれます。顔の大きさをきゅっと引き締め、実際より小顔に見せてくれる効果があるので、顔の大きさで悩んでいる方には特におすすめです。

シミもシワも吹き飛ばす!黒のアンチエイジング効果

黒はインパクトのある色なので、細いフレームでも顔のシミやシワから目線を逸らす効果があります。
また、黒は日本人の白髪にも似合う色です。白髪を黒縁メガネが引き立て、おしゃれに見せてくれます。

つまり、黒縁メガネにはアンチエイジング・若見え効果があると言えます。

服を選ばないのは黒縁メガネだからこそ

黒縁メガネは着る服を選びません。どんなファッションをしていても、どんな色の服を着ていても違和感なく合わせることができます。

黒縁メガネの種類はこんなに豊富

一言に黒縁メガネと言っても、様々な種類があります。黒縁メガネのさまざまな表情をご紹介します。

真っ黒だけじゃない!色と素材

「黒縁メガネ」一つとっても、色や素材によって印象は全く違うものになります。

黒に近い色なら黒縁メガネと同じ印象に

黒縁メガネはハードルが高いと感じるなら、黒に近い濃い色のフレームならチャレンジしやすいです。たとえば艶消しマットな濃いグレーや濃いネイビーなら黒縁メガネと同じ効果があるため、取り入れやすくおすすめです。

黒縁メガネはセルフレームだけじゃない

黒縁メガネとして一般的なのはセルフレーム(プラスチック)ですが、それだけではありません。ベーシックな色だけに、べっ甲、チタンなどのメタルフレームでも黒色のフレームは豊富です。多彩なバリエーションから選ぶことができます。

黒縁メガネの人気フォルムは3つ

黒縁メガネはフレームの形も何でもOK。黒縁メガネの中でも人気のある3つのフォルムについてご紹介します。

ウェリントン

ウェリントン型は天地幅(上下幅)が広く、丸みのある四角形のような形フレームです。「逆台形型」と形容されることもあります。四角いスクエア型に比べると、遊び心を演出することができます。

また、女性からは「大きめのフレームが顔を小さく見せてくれる」「おしゃれでありつつ、きちんとした雰囲気もある」として人気です。

ボストン

ボストン型は下がやや少し細くなっている丸いフォルムのフレームで、「逆三角形」と形容されることもあります。

しかし、下はとがっておらず、あくまで「丸メガネ」の一種に分類されます。「ウェリントン」と同じく、クラシックタイプのメガネとして数年前から人気が出てきています。

丸い印象で柔らかい印象を与えるレンズフォルムは、女性はもちろん、ファッションに敏感な男性からの人気も高いデザインです。顔の印象を柔らかく見せてくれるので、優しい雰囲気を演出したい方におすすめです。

スクエア

スクエア型はその名の通り、四角い形のフレームです。男女とも「きちんとした」印象を与えたい方におすすめです。特にビジネスシーンに向いていると言えるフレームです。

がらりとイメチェン!黒縁メガネのフレーム選び

色がベーシックなだけに、黒縁メガネはフレームの太さや形などによってがらりと印象が変わります。がっしり太めのフレームならインパクトがあり存在感を主張できますし、細目のフレームなら繊細できりっとした印象を与えられます。

また、レンズの上部分にだけリムがある「ハーフリム」や、レンズの下部分にだけリムがある「アンダーリム」などの少し個性的なデザインでも、黒縁メガネなら違和感がありません。つる部分に細工を施した凝ったフレームでも、黒がベースなら抵抗なく馴染みますよ。

自分に似合うオンリーワンの黒縁メガネを探すために

自分に似合うオンリーワンの黒縁メガネを探すためには、どんな点に注意して選べばよいのでしょうか。

顔の輪郭に合わせて黒縁メガネを選ぶ

自分にぴったりなフレームを選ぶには、まず顔の輪郭を考えて選ぶことが大切です。

三角顔

三角の顔型なら、顔の印象を優しく柔らかくしてくれる丸系(ラウンド型やオーバル型)の黒縁メガネがおすすめです。また、ボストン型もきつく見られがちな顔の印象を和らげてくれます。

面長

面長の顔型なら、顔の長さを和らげられる天地幅(上下幅)が深いフレームがよく似合います。おすすめはウェリントン型です。
逆に、細身のオーバル型やスクエア型は顔の長さを強調してしまうので、ハードルが少し高くなります。

丸顔

丸顔の方は丸さを和らげるために、スクエア型やウェリントン型が似合います。
一方で、丸系のオーバルやラウンド、ボストンは避けたほうが良いかもしれません。

四角顔

四角い顔型の方は角ばった印象を和らげるため、ラウンド型やオーバル型、ボストン型など丸系のフレームがおすすめです。

卵型

卵型の輪郭の方は、基本的にどんな形のフレームでもよく似合います。少し個性的なメガネでも似合うので、遊び心のある流行りのフォルムを取り入れるとよりおしゃれに見えますよ。

髪・肌・目の色に合わせて黒縁メガネを選ぶ

自分に似合う黒縁メガネを選ぶ際には、髪や肌、目の色も考えてみるのがおすすめです。基本的には、顔の中のどこかにある黒に合わせるとしっくりきます。
カラーリングした明るい色の髪であれば、茶色寄りの黒や瞳の色に近い黒色を選べば違和感がありません。

また、肌が白いならあえて真っ黒なフレームを選ぶのも素敵です。明るい場所で何度も試着して、自分に似合う黒を探していただければと思います。

なりたい雰囲気に合わせて黒縁メガネを選ぶ

黒縁メガネは自分がなりたい雰囲気に合わせて選ぶこともできます。シックな雰囲気に見せたいならウェリントン型のフレーム、カジュアルな印象を与えたいならラウンド型、またトラッドならボストン型などがおすすめです。

インパクトのある黒縁メガネなので、簡単に憧れの雰囲気を実現できるかもしれません。

ビジネスシーンで黒縁メガネを生かそう!

黒縁メガネはビジネスシーンにもぴったりです。ビジネスシーンで黒縁メガネを着用するときは、どんなスタイルが好ましいのでしょうか。

営業職なら断然ウェリントン

営業職であれば、おすすめはウェリントン型のフレームです。黒縁のウェリントン型なら、きりっとした雰囲気が信頼感を演出できます。営業トークやプレゼンにもぐっと説得力が出ますよ。

ボストンで何でも話したくなる安心感を演出

コンサルタントやカウンセラー、お医者さんなど、相談されることが多い職種の方なら、ボストン型の黒縁メガネがぴったりです。丸く優しい雰囲気のボストンは、思わず何でも話したくなる安心感を演出します。

こだわり感満載!専門職ならラウンド

職人さんなどの専門職の方には、ラウンド型やスクエア型の黒縁メガネがぴったりです。個性的で、いかにもプロっぽく見せられるかも。

まとめ

一言に「黒縁メガネ」と言っても、いろいろな種類があり、それぞれの印象は全く違います。意外と誰にでも似合う黒縁メガネを楽しく試着し、ご自分にぴったりの1本を見つけていただけると幸いです。

関連記事

PAGETOP