本当に似合うメガネの選び方|あなたの顔タイプをチェック!

目次

メガネを買い替えるとき、ついいつも同じタイプのメガネを選んでいませんか?

メガネはちょっとしたサイズやラインの違いで、かける人の印象を大きく左右します。フレームの幅や形を変えれば、自分の顔のコンプレックスをカバーすることさえできてしまいます。

今回は、自分に本当に似合うメガネ選びのコツをご紹介いたします。手持ちのメガネをチェックしながらご覧いただければと思います。

顔に合うメガネのサイズ感を知る

顔に合うメガネのサイズ感を知る

いま着用しているメガネがしっくりこないという方は、もしかするとメガネのサイズが合っていないのかもしれません。自分の顔に合ったサイズのメガネを選ぶためには、具体的にどこをチェックすればいいのでしょうか。
縦幅と横幅の2点から解説いたします。

メガネの縦幅

まず重要なのは、メガネの縦幅です。メガネの縦幅と自分の顔の長さとの比率をチェックしてみます。

顔の縦の長さの1/3以内の幅が基本

理想的なメガネの縦幅は「眉からあごまでの長さの1/3」とされています。1/3より極端に小さかったり大きく超えていたりすると、見た目に違和感が生じてしまいます。

眉間から鼻先までの2/3以内の幅ならスマートに

また、眉間から鼻先までの長さの2/3以内にメガネがおさまれば、知的でスマートなイメージになります。インテリジェンスな印象を演出したいなら、この中におさまるサイズのメガネがおすすめです。

横幅は顔の横幅と同じぐらいのものを

次に考えるべきはメガネの横幅です。顔の横幅とほぼ同じものを選べば間違いありません。反対に、顔の横幅からメガネが大きくはみ出していたり、逆に顔の横幅よりぐっと小さいメガネを選んでしまうと、顔が大きく見えたりバランスが悪く見えたりします。

黒目がレンズの中央にくるメガネがベスト

黒目がレンズの中央にくるメガネがベスト

メガネレンズの中でどこに黒目が来るのかもとても重要です。ベストバランスとされているのは、黒目の中央がちょうどレンズの中央になるメガネです。

黒目が内側すぎると寄り目な印象に

黒目がレンズの中央よりも内側に来ていると、寄り目に見えてしまいます。ブリッジの幅が広すぎるのか、メガネ自体が大きすぎるのかもしれません。ブリッジ幅の小さいものか、小さめのメガネに変えてみてはいかがでしょうか。

黒目が外側すぎると離れ目な印象に

逆に、黒目がレンズの中央の外側に来ていると、離れ目に見えてしまいます。ブリッジ幅の大きいものや、一回り大きなサイズのメガネを試着してみてはいかがでしょうか。

黒目が上すぎると頼りない印象に

黒目がレンズの中央よりも上に来ていると、弱々しく頼りない感じになってしまいます。また、メガネがズリ落ちているようにも見えるので、かなり老けた印象にもなります。
これは鼻の高さとメガネの鼻部分が合っていないのが原因であることが多いので、鼻パッドで調整すると改善されることもあります。

黒目が下すぎると違和感のある印象に

黒目がレンズの中央よりも下に来ていても違和感があります。鼻の高さに対するブリッジの幅が狭いことが原因かもしれません。ブリッジ幅の一回り大きなメガネを試着してみてはいかがでしょうか。

顔の形と異なる形ならバランスがいい

顔の形と異なる形ならバランスがいい

フレームの形と顔の形の相性も大切です。相性の良いメガネなら、自分の顔の形をきれいに見せ、マイナス面をカバーしてくれます。
面長・三角顔・丸顔・四角顔。この4タイプについて、それぞれに合うフレームの形をご紹介いたします。

面長はウェリントン・ボストン

シャープな印象の面長の方は、顔の長さを目立たせないよう、上下の幅が広いメガネを選ぶと良いでしょう。少し丸みを帯びた四角形に近い形から「逆台形型」とも呼ばれる「ウェリントン」や、丸みのある「ボストン」がよく似合います。
不向きなのは横長の楕円形である「オーバル」などです。これらのタイプはメガネから出ている面積が大きくなり、顔の長さがいっそう強調されてしまいます。

三角顔はボストン・オーバル

顔の形が三角型の人はあごのラインがシャープなので、冷たい印象を持たれがち。丸みのある「ボストン」や、横長の楕円形である「オーバル」を選べば、優しげな印象になります。
三角顔の方は似合うメガネフレームの形の種類が多く、「ラウンド(丸メガネ)」や「フォックス(両サイドがつりあがったデザインのもの)」などの個性派とも相性が良いです。いろいろなフレームが楽しめますよ。

丸顔はスクエア

顔の縦幅よりも横幅の比率が高めで柔らかい印象のある丸顔の方は、角ばった形の「スクエア」型が似合います。逆に、「ラウンド」などの丸メガネは顔の丸みをいっそう強調するので、かなり難易度が高くなります。できるだけシャープ・直線的な印象のメガネを選ぶのが基本のテクニックです。

四角顔はオーバル・ウェリントン

直線的でメリハリのある輪郭の四角い顔の方は、丸顔の方とは逆で、角ばった印象をカバーしてくれる丸みのあるメガネがマッチします。「オーバル」や「ボストン」「ウェリントン」がよく似合います。
四角い顔の方もいろいろなメガネが似合うタイプです。かけたことのないタイプのメガネにもどんどんチャレンジしてみてるのをおすすめいたします。

トップリムが眉ラインに合うとおしゃれ

トップリムが眉ラインに合うとおしゃれ

次に、トップリム、つまりフレームのレンズ上部の部分と、自分の眉ラインとの位置関係をチェックします。

通常は眉毛のラインと平行に合わせる

一般的には、トップリムと眉ラインを合わせると違和感がなく、洗練されて見えます。メガネの上ラインと眉がほぼ重なっているか、眉が少しはみ出しているぐらいがちょうどいいバランスです。
もし眉の形がメガネのフレームラインと大きく違っているのであれば、できるだけ眉とフレームが平行になるように整えると垢抜けた印象になれますよ。

上がり眉にはフレームと眉頭を合わせる

眉尻に向かって眉が上がっている場合は、眉頭の方をフレームと合わせれば大丈夫です。上がり眉に合わせて尻上がりのフレームを選ぶと、きつい印象になってしまいます。

山型の眉には眉頭と眉尻を合わせる

山型の眉の方は、眉頭と眉尻がフレームと重なるようにすると違和感なくおさまります。

テンプルとブリッジの位置で顔の長さが変わる

テンプルとブリッジの位置で顔の長さが変わる

最後に、テンプルとブリッジの位置を確認しましょう。「テンプル」とはメガネの耳にかける部分のことで、「ツル」とも呼ばれます。「ブリッジ」は両目のレンズの間を繋いでいる鼻にかかる部分のことです。
このテンプルとブリッジがフレームのどの辺に付いているかによって、印象はずいぶんと変わってきます。

位置が上の場合

テンプルとブリッジがフレームの上のほうに付いていると、顔が長く見えがちです。そのため、面長の方にはあまりおすすめできません。逆に丸顔や顔の小さい方はこのタイプのメガネを選ぶと、落ち着いた上品な雰囲気になります。

位置が下の場合

テンプルとブリッジがフレームの下のほうについていると、顔の長さは短く見えます。そのため丸顔の方にはおすすめできませんが、面長の方はこのタイプが似合います。明るい雰囲気を演出できますよ。

まとめ

まとめ

お手持ちのメガネをご覧になってみて、もし自分にあまり似合っていないと感じたら、新しいメガネに挑戦してみるとメガネライフがいっそう楽しくなるかもしれません。上手に選べば、自分の顔の良いところを強調してくれる「本当に似合うメガネ」がきっと見つかりますよ。

関連記事

PAGETOP