非球面レンズとは?メリット・デメリットを解説

目次

一見同じに見えるメガネやコンタクトのレンズですが、度数や素材以外にも様々な種類があることをご存知でしょうか。
レンズの設計によっても「球面レンズ」「非球面レンズ」に分類され、メガネの機能・厚みを左右します。

今回は、その中でも「非球面レンズ」について、そもそも何なのか、どんなメリットとデメリットがあるのかなどをご紹介いたします。

非球面レンズとは

非球面レンズとは

そもそも、「非球面レンズ」とは、いったい何なのでしょうか。

まずは、
・メガネレンズの設計
・レンズの厚さと見え方の関係
・コンタクトレンズの設計
の3点についてご説明いたします。

レンズの設計について

メガネ用のレンズは、厚さ、素材、形などいろいろな設計の違いがあり、大きく「単焦点レンズ」と「累進レンズ」に分けられます。
そして、それぞれ更に「球面レンズ」「非球面レンズ」「両面非球面レンズ」の3種類があります。

簡単に言うと、球面レンズはレンズのどの位置でも度数が同じレンズのことです。一方、非球面レンズは中央とその周り、更に外側で度数が異なっています。

また、レンズの形状も違っており、球面レンズが丸みを帯びたカーブ型なのに対して、非球面レンズは球面レンズに比べるとよりフラットで、薄くなっています。

なお、非球面レンズは「外面非球面レンズ」「内面非球面レンズ」「両面非球面レンズ」に分けられます。
それぞれの意味は次の通りです。

・「外面非球面レンズ」表側が非球面のレンズ
・「内面非球面レンズ」裏側が非球面のレンズ
・「両面非球面レンズ」表側裏側ともに非球面のレンズ

厚みの違いが見え方の違いに

レンズの厚さが変われば光の曲がり方が変わり、見え方も変わってきます。このレンズの厚みの違いによってできる、光の曲がり方および見え方の違いを「収差」と言います。

非球面レンズは中心部と周辺部における厚みにあまり違いがないので、収差が少ないです。そのため、現在では非球面レンズが主流となっています。

なお、「外面非球面レンズ」や「内面非球面レンズ」などの片面非球面レンズに比べると、「両面非球面レンズ」はより軽く薄いので、さらに収差が補正されます。

コンタクトだって非球面レンズ

ここまで、主にメガネのレンズを前提に説明いたしました。
ただし、レンズに球面と非球面があるのは、コンタクトレンズにおいても同じです。

特にハードコンタクトレンズの場合は、非球面レンズの方が角膜のカーブに合いやすく装着感も良くなります。
しかし、レンズの直径が大きくなりかえって違和感が生じることもあるため、一概に非球面レンズのコンタクトの方がいい!とも言い切れません。

非球面レンズのメリット

非球面レンズのメリット

さて、現在ではすっかり主流となっている非球面レンズですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

・見え方のズレが少ない
・レンズが薄い・軽い
・目の大きさに変化がない

こちらの3点について解説いたします。

見え方のズレが少ない

まず、非球面レンズ最大のメリットは、収差が少ないぶん見え方のズレが少ないという点です。
見え方のズレが少ないということは、それだけ目への負担が少ないということにもなります。

レンズが薄い・軽い

非球面レンズは同じ度数の球面レンズと比べて、レンズ自体が薄くて軽いということもメリットです。軽いので、長時間かけていても疲れにくいです。

特に、非球面レンズの中でも「両面非球面レンズ」のメガネをかけると、軽さを顕著に感じられます。
メガネの重さが気になっている、または疲れやすいという方におすすめです。

目の大きさに変化がない

非球面レンズはレンズ越しの輪郭の段差が少ないので、メガネを通して目が小さく見えるといったことが起こりにくいのも、メリットのひとつだと言えるでしょう。

周りから見たとき、メガネを付けていないときとの目の大きさに変化がないので、見た目が気になる方にとっては嬉しい効果です。

非球面レンズのデメリット

非球面レンズのデメリット

メリットがたくさんの非球面レンズですが、一方で価格面などのデメリットも存在します。

値段が通常レンズよりも高い

一般的に、非球面レンズは球面レンズよりも値段が高くなりがちです。これはレンズの特性上やむを得ないことですが、デメリットだと言えるでしょう。

また、非球面レンズの中でも価格差があり、「外面非球面レンズ」や「内面非球面レンズ」などの片面非球面レンズよりも、両面非球面レンズの方がより高額です。

薄型レンズには注意が必要

非球面レンズを購入する際には、注意も必要です。「薄型レンズ」と謳っている商品の広告の中には、実際には片面非球面レンズにも変わらず、両面非球面レンズであるかのように勘違いさせかねないものもあります。
あまりに格安な非球面レンズを見かけたときは、十分な注意と確認が必要です。

非球面レンズは屈折率を変えることでさらに薄くなる

非球面レンズは屈折率を変えることでさらに薄くなる

球面レンズに比べると、非球面レンズの薄さは一目瞭然です。ですが、屈折率を変えることで、更にレンズを薄くすることができるのです。

ここでは、屈折率の意味や薄型レンズの定義、屈折率は高い方が良いのか?について解説いたします。

素材で変わる屈折率

そもそも、「屈折率」とは何なのでしょうか。
光がレンズを通る時、折れ曲がる現象が生じます。この曲がる度合いを「屈折率」と呼び、その屈折率を調整することでメガネはピントを合わせます。

屈折率は素材によって決まっているので、これを変えることで屈折率も変えることができます。
つまり、同じ度数のレンズでも、より屈折率の高い素材に変えることでレンズを薄くすることができるということです。

「薄型」レンズとは屈折率1.6台~

一般的に「薄型」レンズと呼ばれるのは、屈折率が1.6台のものです。1.7からは「超薄型」レンズと呼ばれます。

なお、現在市販されている世界最薄プラスチックレンズは、1.76の両面非球面レンズです。

屈折率は高いほど良い?

ところで、屈折率は高いほど(レンズが薄いほど)良いということになるのでしょうか。

結論から言えば、レンズは薄いに越したことはありません。
ただし、屈折率を高くする加工には追加料金が発生する場合があります。また、自分の度数や使用しているメガネによっては、そもそもそれほど必要がない場合もあります。

お店によって追加料金のあるなし、追加料金の金額は異なります。
メガネのレンズをもっと薄いものにしたいと思ったら、まずは店舗で確認してみることをおすすめいたします。

まとめ

まとめ

球面レンズの最大のメリットは、薄くて軽いこと。これまで球面レンズを使っていた方も、非球面レンズを使ってみたいと思われたのではないでしょうか。

ただし、レンズの合う・合わないは一人一人で異なるので、まずは眼科や店舗でよく相談することをおすすめいたします。
購入したレンズが合わないと感じた場合、保証期間内であればレンズ交換を無料で行えることもあります。

見え方の違いは生活の質に直結しています。レンズの種類を知ることで、ご自分にぴったりのメガネやコンタクトレンズに出会えると良いですね。

関連記事

PAGETOP