スポーツサングラスとは?購入時の注意点を解説

目次

マラソンやゴルフなど、屋外でスポーツするときはスポーツ用のサングラスをかけている人は多いものです。
ところで、普段視力矯正のためにメガネやコンタクトレンズを使っている方は、どうしたら良いのでしょうか。

実は、スポーツ用のサングラスは度付きにすることができるのです。
ここでは、スポーツサングラスにはどういう機能があるのか、また度付きのスポーツサングラスの選び方や購入する際の注意点などをご説明いたします。

スポーツサングラスとは

スポーツサングラスとは

そもそも、「スポーツサングラス」とはいったいどんなサングラスなのでしょうか。

まずは、スポーツサングラスと一般のメガネやサングラスとの違いをご説明いたします。

レンズのココが違う!

スポーツサングラスのレンズには、スポーツに適した様々な機能が搭載されています。

紫外線をカットする「UVカット」機能にはじまり、まぶしさをカットする「偏光」機能や、紫外線の量によって色が変わる「調光」機能など、アウトドアスポーツをよりプレーしやすくするための機能が備わっています。

デザインのココが違う!

フレームの形やデザインも、一般のサングラスとは異なります。

スポーツサングラスは、より顔に沿ったフレーム形状となっており、激しい動きにもズレにくい作りです。
様々なフィッティングパーツもあり、一人一人の顔にぴったり合うように、テンプルや鼻当てパッドを調整することができます。

その他、安全にプレーできるように、汗止め、ゴーグルキット、コード、イヤーパッドなどが付属しているものもあります。

度付きのスポーツサングラスは可能?

度付きのスポーツサングラスは可能?

視力が悪く、普段、度の入ったメガネやコンタクトレンズを使っておられる方は、度付きのスポーツサングラスをおすすめいたします。

スポーツサングラスを度付きにするメリットや作り方などをご紹介いたします。

スポーツサングラスを度付きにするメリット

スポーツサングラスを度付きにすると、まず目への負担を減らすことができます。
例えば、目の悪い方がコンタクトレンズを付けた状態でさらにサングラスをつけると、二重に目に負担がかかってしまうことになります。

なお、度付きサングラスは、度の入っていないスポーツサングラスと比べると若干重さは増えますが、装着してみるとほとんど違いは感じられません。

度付きにできるかは店舗次第

スポーツサングラスを度付きにできるかどうかは、そのお店次第です。
レンズが左右に分かれている2眼タイプであれば対応できることが多いようです。

店舗によっては、左右のレンズが中央でつながっている1眼タイプでも度付きにしてもらえます。
また、ある程度の度数までは対応できる、というケースもあるので、まずは相談していただければと思います。

度付きのスポーツサングラスを作る代金&時間

度付きのスポーツサングラスを作る上で気になるのは、やっぱり費用と時間ですよね。

しかし、これも店舗によって異なるため、はっきりとは断言できません。
レンズやフレームの素材によって異なるので、店舗で問い合わせてみることをおすすめいたします。

度付きスポーツサングラスの選び方

度付きスポーツサングラスの選び方

度付きのスポーツサングラスを購入するときは、以下の点に注意して選びましょう。

使用するシーンに合わせて選ぶ

まずは、サングラスを使用する目的・状況に合わせて、必要な機能を考えます。

特に使用頻度の高いテニスと自転車、またその他のスポーツについてまとめました。

テニスは偏光機能&広い視野重視

屋外でテニスをするときに度付きのスポーツサングラスを使用するのであれば、直射日光や芝からの照り返しを軽減する「偏光レンズ」のサングラスが最適です。

また、ボールの軌道を正確に掌握しなければならないので、できるだけフレームが邪魔にならない、視野の広いデザインのものを選びましょう。

特にテニスに適しているのは、次の3つに当てはまるスポーツサングラスです。

・直射日光や芝の照り返しの眩しさを遮断できる
・どの角度から見ても、視界がぼやけたり歪んだりしない
・高速で飛ぶボールの動きがはっきりと捉えられる

自転車は天候の変化に対応できるものを

自転車競技を楽しむときには、突風や強い日射し、雨や霧などの天候の変化に対処しなければなりません。
曇りにくいもの、防水加工がしっかりしているものを選ぶと良いでしょう。

また、アスファルトの照り返しの厳しい路面を走っているかと思えば、突然真っ暗なトンネルに入り、しばらくするとまた強烈な直射日光の中に戻るというようなシーンが多いなら、高性能な「調光レンズ」が役立ちます。

調光レンズは紫外線の量でレンズカラーを自動調節するため、明るい場所であっても暗い場所であっても、常にクリアな視界を確保できます。

こんなシーンでも活躍!

テニスや自転車のほかにも、ドライブ用、釣り用、ゴルフ用など、用途別に適したスポーツサングラスがたくさんあります。それぞれのスポーツに合った機能を選びましょう。

釣り用には、偏光レンズのスポーツサングラスが最適です。
偏光レンズはまぶしさなどの乱反射光をカットするため、水面に太陽光が反射する時のぎらつきを抑え、水の中の様子がよく見えます。

また、ゴルフは長時間太陽の光にさらされるので、他のスポーツ以上に日射しに対する機能が重要です。
紫外線は疲れにつながるので、UVA・UVB・UVCなど各種紫外線を遮断できるモデルがおすすめです。

女性や高齢者向け度付きスポーツサングラスも

度付きのスポーツサングラスには、女性や高齢者向けのものもたくさんあります。女性向けにメイクが付きにくいように配慮したものや、スーツスタイルに合う日常使い出来るようなデザインもあります。

さらに、老眼で普段は遠近両用メガネを使っている方のために、遠近両用のスポーツサングラスも登場しています。

度付きスポーツサングラスを購入する時の注意点

度付きスポーツサングラスを購入する時の注意点

度付きのスポーツサングラスを購入する際には、店舗に行く前に覚えておきたい点があります。

あらかじめ店舗に確認

まず、購入予定の店舗が、そもそも度付きのスポーツサングラスを扱っているかを確認しておくのが良いでしょう。
店舗によっては、そもそも対応していないということもあり得ます。

度数を再確認

また、普段メガネやコンタクトレンズを使用している場合は、自分の度数を確認しておく必要があります。新しく購入するスポーツサングラスは、できるだけ普段使いのメガネと度数を合わせます。
また、度数が分からなければ、店舗で測ってもらうこともできます。

コンタクトレンズを使用している方は、サングラスを試着する時にはコンタクトレンズを外すので、できればあらかじめ外しておくことをおすすめいたします。

店舗に行く時間帯も大切

購入にあたっては、店舗に行く時間帯も大切です。スポーツサングラスはレンズによって見え方がかなり変わるので、昼間の明るい時間帯が良いでしょう。
できるだけ、実際に使うときと同じ条件で試着するのがベストです。

まとめ

まとめ

視力が悪い方や老眼の方であれば、スポーツを思い切りプレーするためには、度付きのスポーツサングラスが大きな味方になってくれます。

ご紹介したサングラスの選び方や購入するときの注意点などを踏まえ、ご自分にぴったりな度付スポーツサングラスを選んで、スポーツを楽しんでいただければと思います。

関連記事

PAGETOP