サングラスの種類はレンズで決まる!人気の種類も紹介!

目次

目の保護やおしゃれのために、サングラスを愛用しているという方は多いです

しかし、一口に「サングラス」と言っても、レンズ機能やフレームの形、レン
ズの色の組み合わせなど、その種類は非常に多いです。
それらを知ったうえで選べば、もっとおしゃれ、かつ効果的に、サングラスを
活用できるかもしれません。
そこで、ここではサングラスの種類と機能について分かりやすくご説明いたし
ます。

サングラスの種類はレンズで決まる

サングラスの種類はレンズで決まる

サングラスの役目は、目を紫外線から守るだけではありません。
レンズにはいろいろな機能が搭載されていることがあります。

ここでは、「紫外線カットレンズ」「偏光レンズ」「調光レンズ」の3種類についてご紹介いたします。

毎日使える「紫外線カット」レンズ

まず、サングラスを利用する大きな目的は、「紫外線カット」でしょう。

種類としてはレンズにUVをカットする皮膜をコーティングしたものと、レンズの素材自体に紫外線吸収剤を練り込んだものがありますが、一般に後者の方が高額です。
買い物に行くなど日常の外出でとても役立ち、特に紫外線がたっぷり降り注ぐ晴れた屋外では有効です。

ちなみに、レンズの色は紫外線カット率にはそれほど影響しません。
色が薄いレンズでも、しっかり加工しているものであれば、きちんと紫外線をカットしてくれます。

眩しさを抑える「偏光」レンズ

「偏光」レンズは、透明なレンズ2枚の間に、一方向だけ光を通さないフィルムを挟み込んだレンズです。
雑光をカットし、水面の乱反射や車のフロンドガラスの反射などによる眩しさを防いでくれます。

釣りや屋外でのスポーツでの使用などに向いています。

内外で使える「調光」レンズ

「調光」レンズは紫外線の量に反応して色が変わるレンズのことです。
紫外線が多い時は色が濃くなり、紫外線が少ない時には透明に近い色になります。

状況によってサングラスを付けたり外したりする必要がないので、日常使いに便利です。
また、長時間外を走るロードバイクやドライブなどでも効果を発揮します。

サングラスの人気の種類Best5

サングラスの人気の種類Best5

サングラスは、レンズ機能だけでなくフォルムによっても分類することができます。

いろいろな形のサングラスがありますが、特に人気のある5種類をご紹介します。

ザ・定番!ウェリントン

定番中の定番と言えるのが「ウェリントン」という種類のフレームです。
「逆台形型」とも呼ばれる、全体に角ばった天地幅が特徴的です。

四角い印象なので、輪郭が丸っぽい方や面長の方などに特に似合いです。すっきりと知的で、自然な印象を与えられます。

何が似合うのか分からないという方は、まずウェリントンから試してみるのがおすすめです。

人を選ばないボストン

顔の形を比較的選ばない種類のフレームが「ボストン」です。
ウェリントン型の下部分を少し丸くした形で、ウェリントン型よりも優しい印象を与えます。

こちらも定番の形なのでサングラスの種類も多く、色や素材は豊富な選択肢から選べます。

スクエアでちょっと知的に

「スクエア」は、文字通り長方形の四角いフレームです。

似合う顔の種類としては、輪郭が角ばっている人やエラが張っている人よりも、丸顔の人の方が良いかもしれません。
また、横長の形なので、面長の方にもややハードルが高いフォルムです。

どちらかというと男性に人気のある形ですが、もちろん女性がかけてもすっきりとインテリジェンスな雰囲気を演出できます。

個性的に見せたいならラウンド

真ん丸の「ラウンド」は、個性的に見せたい方におすすめです。
ジョン・レノンはじめ、芸能人やモデルなどにこの種類のサングラスをかけている人が多く、かけるだけでおしゃれな印象を与えられます。

丸顔の方は顔の丸さを強調してしまいますが、面長の方や角ばった輪郭の方、逆三角形の顔形の方によく似合います。

気分は女優!バタフライ

最後にご紹介するのが「バタフライ型」です。

両方のレンズが中心から両サイドに向けて広がって行く形で、蝶が羽根を広げた姿に似ているということで名付けられました。
海外のセレブから火がついて、日本でも愛用者が増えてきているようです。

目の周りをすっぽり覆ってくれるため、紫外線からしっかり目を守ることができます。
特にビーチなどでは、機能面でも見た目でも威力を発揮します。

サングラスはレンズの色で印象一変

サングラスはレンズの色で印象一変

サングラスは、レンズの色でも印象や機能が変わってきます。代表的な色についてご説明します。

肌馴染みの抜群のブラウン

ブラウンは肌なじみが抜群に良い色です。
黄色味の強い日本人の肌色にもよく似合う、オールラウンドな色だと言えるでしょう。

特に、濃いブラウンでなければいかにもサングラスをかけているという印象を与えないので、日常使いにも向いています。
コントラスト効果があり、眩しさを防止する色でもあるので、外でのスポーツをする時にも便利です。

使いやすいグレー

グレーもシーンを選ばず使える色です。
光を平均的にカットするので、サングラスなしの時と、あまり見え方が変わりません。ドライブなどで使うにはおすすめの色です。

フレームの形や色次第で印象が大きく変えられるレンズカラーです。

やっぱりブラック

ブラックは「ザ・サングラス」という感じの色ですが、特に肌色の濃い方によく似合います。多少太いフレームでもクールに決まりますよ。

色白の方が黒いサングラスをかけたいなら、形やフレームの太さなどに気をつけて選びましょう。

自然なかけ心地ならブルーやグリーン

ブルー系やグリーン系のサングラスは、周囲からの見え方が自然なのでサングラス初心者にもおすすめです。
眩しさをしっかりカットしてくれますし、海や山に行くにも、街へお出かけするにも幅広く使えます。

種類の多いサングラス…選び方のカギは試着

種類の多いサングラス…選び方のカギは試着

レンズ機能や色、フレームの形など、サングラスの組み合わせは非常に種類が多いですが、選び方のカギとなるのは「試着」です。

ここからは、試着の時に気をつけたいポイントをご紹介します。

使用目的に合わせて選ぶ

まず、サングラスの使用目的を考えて種類を絞り込みます。

主にドライブする時にかけたいのであれば、見え方が自然なグレーやブラウンの調光レンズ、スポーツ用であれば眩しさをカットする偏光レンズ+激しい動きでもずれにくいスポーツサングラスがおすすめです。

他にも、日常使いであれば紫外線カット重視、パソコン作業中に使うならブルーライトカット機能、目の状態によっては医療用のサングラスなど、種類はいろいろです。

お気に入りが見つかるまで繰り返し試着

サングラスの種類を選べたら、自分の顔の輪郭や肌色とのなじみ具合、サイズ感などをチェックします。
そのためには、普段よく自分が着ているファッションで店舗に行くことをおすすめします。

似合わないと思っても、サイズや色を少し変えるとしっくりすることもあります。鼻にきちんとフィットしているかも確認すると良いでしょう。

先入観や思い込みにとらわれず、自分にぴったりくるサングラスに出会えるまで、繰り返し試着することが大切です。

度入り・遠近両用・子ども用のサングラスも

サングラスは度付きにすることもできます。また、老眼の方向けに、遠近両用のサングラスもあります。

スポーツサングラスに度を入れることも可能ですが、店舗によって対応範囲が変わってくるので、詳細は店舗で確認していただければと思います。

その他、子ども用のサングラスもあります。
長時間、紫外線の強い場所へ行く時、例えば海水浴などに行くときにはあると役立ちます。

まとめ

まとめ

サングラスはその種類によって、ファッションや目を紫外線から守るというだけでなく、さまざまな機能を持っています。
選ぶ際には、目的や機能をよく考えて購入する必要があります。

また、自分に似合うサングラスを購入するためには、たくさん試着するのがおすすめです。
自分にぴったり合ったお気に入りのサングラスがあれば、外出がもっと楽しくなりますよ。

関連記事

PAGETOP