サングラスの選び方は使用シーンとレンズが重要!

目次

目の良い悪いにかかわらず、サングラスを愛用している方はたくさんいます。代表的なのは、日差しの強い日に目を保護するためのサングラスです。
ですが、実は使用するシーンによっては、サングラスはとても便利な使い方ができるのです。

そこで、サングラスの選び方について、レンズ機能やレンズの色による印象の違い、試着する時のチェックポイントなどをご紹介いたします。
サングラスをすでに持っている方も、これから購入したいと思っている方も、ぜひ選び方の参考にして下さい。

サングラスの選び方は使用シーン×レンズが重要

サングラスの選び方は使用シーン×レンズが重要

サングラスには様々な機能がありますが、選び方においては自分がどこでどんな目的で使用するかと考えれば、失敗することはあまりありません。

目を紫外線から保護「UVカットレンズ」

まず、通常の外出時に目を保護したい場合の選び方としては、「UVカットレンズ」のサングラスをチョイスすべきです。

UVカットレンズの選び方としては、UVカット率、UV透過率を確認するのがポイントです。「紫外線透過率1.0%以下」「紫外線透過率0.1以下」などとあれば、99%以上の紫外線をカットするという意味です。

また、「UV400」は波長400nmまでの紫外線をカットするという意味です。この数値であれば紫外線を99%カットするとされているので、「UV400」以上を目安とするのが良い選び方です。

ドライブやスポーツに「偏光レンズ」

レンズ2枚の間に反射光をカットする特殊なフィルムを挟み込んだ、「偏光レンズ」もあります。ぎらぎらする照り返しの光をカットし、眩しさを抑えて視界をクリアにしてくれます。

偏光レンズの選び方としては、「可視光線透過率」と「偏光度」をチェックします。
「可視光線透過率」は光を取り込む量を表したもので、30~40%が基準です。「偏光度」は雑光をカットできるレベルを表しており、数値が高いほど疲れにくくなります。

また、偏光レンズはレンズの色によって機能が変わってきます。釣りをするなら物の輪郭がはっきり見えるブラウンや赤系、主にドライブで使用するなら自然に近い見え方をするグレー系が向いています。

1本で2役「調光レンズ」

「調光レンズ」は紫外線の量に反応して色が変わるレンズです。太陽光が降り注ぐ明るいところではレンズの色が濃くなり、太陽光が届かない室内では透明に近いレンズに見えます。

サングラスをかけたり外したりする手間が不要なので、1日中外にいる方やロードバイクを楽しむ方には、天候や紫外線量の変化に対応する調光レンズのサングラスはとても便利です。

インパクト抜群!「ミラーレンズ」

「ミラーレンズ」とは、内側からは普通のサングラスのような見え方をしますが、外からはまるで鏡のように見えるレンズのことです。
とてもインパクトがあるので、ビーチなどでかっこよく見せたい方におすすめです。

サングラスの選び方には色も大切|印象と機能

サングラスの選び方には色も大切|印象と機能

レンズの色もサングラスの選び方に大きく関わってきます。また、レンズの機能自体が違ってくることもあります。

サングラスと言えば…定番のブラウン系

定番のブラウンは肌の色に近いので、違和感なくナチュラルな印象を与えます。色の機能としては、眩しさを抑え青色や緑色系の光をカットして背景とのコントラストを高めるので、視界がクリアになります。

青色系の光、つまりブルーライトをカットするので、パソコンやスマホなどをよく使用する方にもおすすめです。
緑色系の光も抑えられるので、ゴルフやハイキングなどの時に使うと、芝や道の凹凸が見えやすくなります。

オールラウンドに使えるグレー系

グレー系はすっきりとクールな印象のあるカラーです。
太陽光を遮断する効果が高いだけでなく、光をまんべんなくカットするので、ほぼ裸眼のような見え方をするのが特徴です。

真夏の晴天の下でも自然な色合いでまぶしさを軽減してくれますし、どんなシーンでも使える定番カラーだと言えます。

目が疲れにくい青や緑

青系のサングラスは、特に暑い時期には涼しさを演出できます。
黄色やオレンジ系の光をカットして背景とのコントラストを下げるので、ドライブ中にかけると対向車のライトなどの眩しさをカットしてくれます。

緑系のサングラスは赤色や青色系の光もカットし、背景とのコントラストを下げて、抑え気味な色調の視界にします。カラーレンズの中では最も自然な色合いで見えるとされています。

カラフルなサングラスでおしゃれも楽しむ

上記以外にも、ピンクやパープル、イエローなどの様々な色のカラーサングラスがあります。肌色やメイク、ファッションに合わせて付け替えてみても楽しいかもしれません。

サングラス試着時の選び方のチェックポイント

サングラス試着時の選び方のチェックポイント

サングラスの購入にはここまでご紹介した選び方も重要ですが、とにかくたくさん試着をするのがおすすめです。試着を重ねるうちに、自分に似合う形や色が分かってきます。

フレームの形

ざっくり言うと、顔の輪郭と反対の形のフレームをチョイスするのがベストな選び方です。
丸顔の方は四角いフレームを、エラが張っているなど四角い輪郭の方は丸いサングラスを選ぶのが基本です。また、面長の人は、レンズの縦幅が深いサングラスを選ぶと、顔が短く見えます。

フレームのサイズ

メガネの選び方はフレームのサイズも重要となります。横幅は顔の横幅とできるだけ同じものを選びます。
顔からはみ出したり、逆に顔のほうが小さかったりするとバランスが悪く見えたり、顔が大きく見えます。

また、鼻にぴったりフィットすることも大切です。位置がずれていると、疲れたり頭痛の原因になったりすることもあります。

眉とフレームの位置

フレームの形の選び方は、眉や目と同じようなラインになっているのが理想的です。
フレームの位置が眉頭と重なるぐらい(できればサングラスの上部分が眉毛全体と重なるぐらい)であれば違和感がなく、さらに小顔に見せられます。

レンズ色と肌馴染み

レンズの色も人によって似合う・似合わないがあるので、試着する時にはレンズの色も変えながら試してみるのがベストな選び方です。

例えば肌の色の補色にあたる青系や緑系のレンズカラーには、肌のくすみや赤みを消すフィルター効果があります。
また、グレー系やブラウン系などのレンズは、目元を引き締め、彫りを深く見せるシャドーのような効果があり、赤みのあるピンク系やオレンジ系のレンズは、血色が良く健康的な印象を与えられます。

サングラスの選び方に関するQ&A

サングラスの選び方に関するQ&A

最後に、サングラスの選び方についてのよくある質問をまとめてみました。

レンズ色が濃いほど紫外線をカットできる?

レンズカラーとUVカット率はあまり関係ありません。透明なレンズでもUVカット加工がしっかりされているものなら、紫外線をカットしてくれます。

逆にレンズカラーがいくら濃くても、UVカット加工がされていなかったりUVカット率が低かったりすれば、紫外線カット効果は望めません。表示をよく読んで確認する必要があります。

サングラスを度付きにすることは可能?

サングラスを度付きにすることは可能です。まずは眼科や店舗などで視力測定をしてもらい、度数を出してオーダーします。
普段使用している近視や遠視用のメガネと同じ度数にしたい場合は、メガネを持参しましょう。

遠近両用のサングラスってあるの?

老眼の方向けに、遠近両用サングラスもあります。これも度付きのサングラスと同じく、眼科や店舗で視力測定をしてもらい、正確な度数を出してオーダーします。

サングラスは冬でも必要?

春や夏に比べれば量は少ないですが、冬場でも紫外線は地表に届いています。また、雪が積もったりすると、雪の照り返しでかなり眩しく感じるものです。
そのため、人によっては冬の間もサングラスがあると目が楽だと感じるでしょう。

まとめ

まとめ

サングラスにはとても多くの種類があり、選び方もいろいろです。レンズには様々な機能が搭載されていて、一度利用すると目がとても楽に感じて驚かれるかもしれません。
店舗では遠慮なくたくさん試着して、用途や好みに合った、自分にぴったりのサングラスを選んでいただければと思います。

関連記事

PAGETOP